ロゴ

マークシートでの調査を任せれば集計もしやすくなる

HOME>お役立ち情報>マークシートは読み取り機も必要【専門業者に頼もう】

マークシートは読み取り機も必要【専門業者に頼もう】

筆記用具

システムの長所と短所

マークシートを使って業務効率を上げるには何点か注意すべき点があります。マークシートは専用の解答用紙や集計をするための専用の読取機が必要になります。ただ、専用機を用意するためのコストを削減したいと考えるなら、専用の解答用紙や読取機を使用しなくても運用することのできるマークシートとそのシステムを導入すべきです。また、解答用紙にマークする時には鉛筆またはシャープペンシルを使います。しかし、調査試験を受ける人が必ず鉛筆やシャープペンシルを持参していない状況も想定されるので予備の筆記用具を準備しておく必要があります。その上でマークをする方法の説明を徹底的に行うべきです。鉛筆やシャープペンシルでマークの仕方は個々人で癖があります。しかし、正確に読み取りをするためにはそれらの癖をなるべく無くすように誘導しなければいけません。そうでなければ、充分なデータを収集することができません。

ウーマン

システム導入の準備は

マークシートを導入する時にはシステムを順調に稼働させるために準備が必要になります。まずは、マークシート式の解答ができる問題または調査を作成します。それとともに、調査の目的に沿った解答用紙を制作しなければいけません。ただ、自社ですべてを作成しようとすると時間やコストが必要になります。それらを削減するためには、メーカーが販売している汎用品の解答用紙を導入する方法もあります。目的に沿った解答用紙を導入すれば最低限のコストで用紙の準備が完了します。また、専用の読取機を用意します。ただ、マークシートのシステムによってはオフィスにある複合機やスキャナーで読み取りができる場合もあるので導入時に確認すべきです。最後に集計するためのソフトも必要になります。これらを自社で用意するには時間もコストもかかるので、専門の業者へ外部委託する方法も検討すべきです。