ロゴ

顧客管理はデータで蓄積!分類もしやすくなる

HOME>お役立ち情報>営業にとって大事な顧客管理はシステムを使えばもっと効率よくなる

営業にとって大事な顧客管理はシステムを使えばもっと効率よくなる

オフィス

ターゲットを明確にしよう

新聞広告やテレビCMなどのマス媒体で売上を得たり、新規顧客を獲得したりすることが困難になっています。また、既存顧客に販促活動をするにも無作為にそれを行うことはコストの浪費に繋がります。新規顧客の獲得が難しい状況では、既存顧客へ販促活動をすることで売上を確保することが容易であると考えられています。ただ、既存顧客の属性や購買行動をデータで管理しておかないとマス媒体で行う活動と同じく効果が上がりません。そこで、顧客管理を行う必要性が発生します。顧客管理をして、既存顧客を属性別や購買行動別に分類し、それらの分類に合わせた販促活動を行います。そうすれば、顧客の好みにあった商品のおすすめをすることで購買意欲を刺激することが可能になります。顧客管理を行う目的は既存顧客の好みに合わせた商品のおすすめをすることにあります。その上で会社の売上を向上させるための販促活動に活用していきます。

パソコンを操作する人

顧客の要望を汲み取ろう

顧客管理を行うことで、顧客の好みに合わせた商品やサービスをおすすめすることが可能になります。また、顧客の商品やサービスに対しての意見や要望をデータとして集計し改善点を明確にすることができます。それらを元に新製品の開発や既存商品の改善に繋げることもできます。これらのメリットから、企業は顧客管理にコストや時間をかけて行います。データベースソフトを業務目的に合わせてカスタマイズをし、顧客管理を円滑にすすめていきます。その結果として売上が向上し、新商品の開発や改善が順調に進みます。そして、顧客は新しくなった商品を再度購入していきます。その上でデータがさらに蓄積され、それを元に適切なおすすめを行い、さらにその商品は改善される循環が構築できます。