ロゴ

顧客管理や総務アウトソーシングを考えよう~利用する意味を知る~

企業に嬉しいサービス

大きな会社でも、小さな会社でも、この業務をどうにか負担を軽くできないかなと思うことがあるでしょう。特に、多くの顧客を持っている企業なら、そう思う場面が多くあるはずです。顧客管理だけでも非常に大変なため、この管理をどうすべきか改善できないか考えていきましょう。今は、便利な顧客管理システムがあります。聞いたこともある人もいるでしょうが、「CRMシステム」は多くの企業ですでに導入されているのです。

CRMシステムが用いられているところ

男の人

コールセンター

コールセンターでは、多くの顧客とやり取りをするため、顧客管理ができていないと仕事にもなりません。そこで、CRMシステムはよく使われています。顧客のデータを管理し、どの顧客がどこに注目しているのか、満足している点はどこかなどを分析できるので、改善点も見やすいです。また、情報共有も楽にできるので、どのスタッフが電話対応しても話が食い違うということも防げます。

クリニックや大きい病院

いろんな患者が来る病院でも、CRMシステムは欠かせません。なぜなら、患者一人一人の状態をしっかり把握しないといけないためです。行った検査や治療歴、今している治療の効果などをまとめ、医師や看護師同士で連携をしていく必要があります。それをしていくことで、ミスを防ぎ、今後の治療プランなどを練っていけるのです。

ホテルや旅行会社

ホテルや旅行会社では、利用客の情報をしっかり管理することで、顧客満足度向上にまでつながります。ホテルなら、宿泊者がリピーターか新規の方か、また誕生日まで知っておけば当日サプライズをすることもでき、次回の宿泊に繋がるでしょう。旅行会社の場合もホテルと共通する部分が多いですが、住所や連絡先を知っておけば、季節に合わせた旅行プランをDMで送ることができますから、会社にとってもメリットが大きいです。

外部に委託するという選択肢

CRMシステムは、顧客を大事にして会社も成長させたいと思っているなら導入すべきです。また、この他にも利用できるサービスはたくさんあるため、業務を効率よくするために考えていきましょう。外部に総務や経理などの業務を委託するということもでき、そうすれば重要なことに時間をかけることが可能になります。

アウトソーシングと外注化の違うところ

アウトソーシングとは

アウトソーシングを利用する目的は主に、総務や事務、システム開発などのプロに頼ることで、中核業務以外の業務に従業員を回し専念させることにあります。もう少し別の言い方で言うと、コア業務に企業が集中して取り組めるよう、それ以外の業務を他のところへ委託するという意味をアウトソーシングは持っているのです。また、アウトソーシングは外注化とは違って、分析し改善すべき点がないかなど意見を求められることもあります。

外注化とは

外注化することも、外部に仕事を任せるという点だけ見ると同じように感じますが、異なります。アウトソーシングが任されている業務の分析をし、意見を求められることに対し、外注の場合は、そこまで求められることはありません。例えば、製造業なら頼まれた通りに製造していけばいいので、その業務の権限をすべて委ねられているわけではないのです。

経理や総務の負担を軽くするならアウトソーシングや代行を利用すべき

男女

支援サービスは利用するためにある

仕事が多いのは、総務や経理、営業などが思いつくでしょう。その中でも、経営者も関わってくるのが、経理です。経理は、会社の経営状況を把握していくためには、重要な業務です。しかし、必要な手続きや申告が多く、それだけでも時間がかかり担当者の負担は大きいです。そのため、今は経理サポートをしてくれる代行センターが大阪などにあります。税理士が、しっかりとサポートしてくれるため、申告期限を気にする必要もなくなります。また、バックオフィス業務が多い総務も備品の管理から電話対応までやることが幅広いので、アウトソーシングを利用するなど利用できるサポートやサービスはどんどん活用していくべきです。